菅政権で北方領土はどうなる?北方領土問題をわかりやすく解説します!

ニュース

どうも、くわこです!

9月29日、菅義偉首相がロシアのプーチン大統領と

初めての電話会談をしたそうです!

話の内容の中には北方領土問題もあったようで

両者とも北方領土問題について前向きな意見を述べていました

菅首相は北方領土問題を次の世代に先送りせず、終止符を打ちたい

発言しており北方領土問題に関して

相当、力を入れていくことが予想できます

そんな北方領土問題ですが菅政権の下で解決できるのでしょうか

この記事では菅政権になって北方領土問題は

これからどうなるのか、北方領土問題をわかりやすく説明しながら考察します

スポンサーリンク

菅義偉首相がロシアと電話会談!

9月29日に菅首相がロシアのプーチン大統領と初の電話会談をしました!

菅政権は最近、安倍政権の後を継ぐように組閣されましたか

安倍政権が解決まで導けなかった分、菅政権には期待が込められていますよね

そんな菅首相は今回の会談で前向きな言葉を呼びかけました

それがこれ

「平和条約締結を含め、日露関係全体を発展させていきたい。北方領土問題を次の世代に先送りせず、終止符を打ちたい」

です

北方領土問題は戦後から長らく政府が重要視している問題で

なかなか解決への糸口は見えてきません

難しい問題と分かっていながら菅首相は

このような言葉を呼びかけたことから

本気で北方領土問題を解決に導こうとしているのかもしれません

しかしこの領土問題は日本が頑張ればいいという問題ではなく

ロシア側の理解も必要となります

プーチン大統領は「2国間のあらゆる問題について対話を継続していく」と発言していて

日本とこの問題について話し合う気はあるみたいです

実はプーチン大統領と安倍前首相は解決とはいかないものの

いいところまでは話し合っていたようです

さらにプーチン大統領はいい関係だった安倍首相の後継者である菅首相を

「安倍前首相との関係を高く評価しており、菅首相との間でも2国間、国際的な課題で建設的に連携する用意がある」

高く評価しており

スムーズに話し合いが出来ると思います

また、菅首相も「プーチン大統領と今後、率直に意見交換ができる手応えを感じた」

会談後、記者に語っており、良い関係であることは間違いなさそうです

次に北方領土とは何かを簡単に説明します

スポンサーリンク

そもそも北方領土問題ってなに?

ここまで北方領土問題について中身を説明せずに

書いていましたが北方領土問題がそもそもわからない

という人もいると思いますので北方領土問題について

簡単に説明すると

日本とロシアの領土の取り合いということです

北海道の東には北方四島という4つの島があります

       引用:外務省

4つの島は択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島です

もともと4島の存在はロシアよりも日本が早く知っていて

日本がこれらの島々を統治していたのです

それ以前にはロシアの勢力がウルップ島よりも南に来たことは無く

以降も一度もロシアの統治下になったことはありません

第二次世界大戦末期が重要!

当時、日本とソ連(ロシア)には日ソ中立条約という条約が

結ばれていて両国の領土保全と不侵略を相互に約束していました

しかし、1945年8月9日に

ソ連はこの条約を違反し、日本に宣戦布告をして侵略をしてきました

その結果、北方4島の全てが占拠されてしまいます

当時、島にはソ連人は1人もおらず、日本人が17,000人も住んでいましたが

ソ連が強制退去させたのです

ソ連は一方的に自国の領土として編入をしてしまい

今に至るまで不法占拠が続いている状態です

それに日本が島を返せと言っているのが北方領土問題です

日本の基本的立場は?

先程、簡単に説明しましたが

ソ連(ロシア)に北方4島(択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島)を

占拠されてしまい、今のその状況なわけですが

菅政権では安倍政権の後を継いでいるので

2島返還の引き渡しを軸に話し合いが進められているようです

2島というのは色丹島と歯舞群島のことです

その2島を返還してもらうことが今の政府の目標という感じです

「なぜ2島だけなんだ、4島返してもらえ」と疑問に思った方もいると思います

この2島だけか4島全てかが北方領土問題が解決しない原因の一つです

北方領土問題が解決しない理由は?

なぜ北方領土問題がなかなか解決しないのかというと

2島か4島全て返してもらうのかが日本国内でも分裂してしまっているからです

この原因は北方領土問題ができた頃から日本でありました

2島だけなら交渉は4島よりも簡単というメリットがあります

逆に「もともと全て日本のものなのに返してもらおうとしないんだ」

という意見が4島派です

2島と4島の意見がある理由は歴史を見ればわかります!

北方領土問題の歴史的背景は?

ここからは少し難しい内容を説明していきます

ただ、これを見るとグッと北方領土問題に詳しくなれるので

是非見てください!

解説する上でとても重要なのは大まかに分けてこれらです

まだまだたくさんありますがピックアップして説明します!

  • 玉音放送
  • 降伏文書調印
  • サンフランシスコ平和条約
  • 日露通好条約
  • 日ソ共同宣言
  • 日米安保改定
  • 2島先行返還案
  • 絶対的4島返還派

玉音放送、降伏文書調印

日本では終戦は1945年8月15日の昭和天皇が自分の口で敗戦を伝えた

玉音放送であるとされています

しかし、国際法上では9月2日の降伏文書調印の日が終戦とされており

タイムラグがあります

このタイムラグが重要です

この8/15〜9/2の期間にソ連は日本に侵略をしてきて

択捉島と国後島を占拠してしまいます

色丹島と歯舞群島は降伏文書調印の後に占拠されました

つまり択捉島、国後島と色丹島、歯舞群島では状況が全く違います

日本の返せという申し出に

ソ連は調印後の色丹島、歯舞群島は分からなくもないと考えています

ただ、調印前の択捉島と国後島はソ連のものだと考えていますので

4島全て返還するというのは難しいのです

サンフランシスコ平和条約

日本は終戦後にサンフランシスコ平和条約を結びました

この条約は簡単にいうと日本が戦争で奪った土地を返還し、賠償金を払うという内容です

日本はこの条約で千島列島や樺太の南半分を放棄し国境が決まりました

しかし、この条約にソ連は参加していません

つまり、ソ連は日本の国境を認めていないことになります

くわこ
くわこ

実は日本とロシアは平和条約を結んでいないよ!

日露通好条約

日本とロシアは1855年に日露通好条約を結んでいます

この条約は日本とロシアの国境は択捉島とウルップ島の間であるという条約です

なのでこの頃から北方4島は日本のもので

その後の侵略は不当であるというのが日本側の論法です

日ソ共同宣言、日米安保改定

北方領土問題が解決しない例としてわかりやすいのが

この日ソ共同宣言です

日ソ共同宣言とは1956年に日本とソ連の間の宣言で

日本とソ連の国交を回復させて仲良くしようという内容です!

当時の首相は鳩山一郎首相でした

そしてソ連の大統領はフルシチョフという人です

このフルシチョフという人は親日的な大統領で日本と友好な関係が作りたかったそうです

なのでソ連側は終戦後に占拠した色丹島と歯舞群島は返還してもいいという姿勢でした

しかし、これは実現しませんでした

理由は日米安保改定です

日米安保改定とは簡単に説明すると日米の軍事同盟を強化するということです

この改定によりソ連は日本の裏にアメリカが透けて見える

状態になり北方領土問題に慎重になってしまいます

なぜ慎重になったか?

これはもし色丹島と歯舞群島を返したらそこに

アメリカの軍事基地を作るのではないかと思ったからです

沖縄の基地のように日本に軍事基地の場所を指定する権限はありませんので

日本政府が「作りません!」と言っても無駄なわけです

2島先行返還案、絶対的4島返還派

2島先行返還案とはその名の通り

先に色丹島と歯舞群島を返してもらい

その後、残りの2島を返還してくれるように

交渉するという案です

これは良い感じに進んでいったのですがやはり決まりませんでした

当時の首相は森喜朗首相だったのですが

その後、超親米派の小泉純一郎政権が組閣します

小泉首相が外務大臣に指名したのが

田中真紀子大臣という女性で田中角栄首相の娘だったそうです

田中首相は絶対的4島返還派でした

その意思を継いだ真紀子大臣は今まで良い感じだった

2島先行返還案を捨てて4島返還に走ったのです

日本政府がいきなり意見を変えたのでロシア側は不信に思ってしまいます

2島返還だけではダメ?

上記で4島返還が良くないという風に書きましたが

一概にそうは言えないのです

4島で大きさが全く違うからです

この通り、大きさが全く違いますよね!

色丹島と歯舞群島を合わせても北方領土の

7パーセントの大きさしかありません

これを見るとロシアとの中を悪くしてでも4島返還を望むもの普通かもしれません

菅政権で北方領土問題はどうなる?

ここまで北方領土問題について歴史的背景を交えながら説明させていただきましたが

このような難しい問題に菅政権はどうにかできるのでしょうか

私的にはもしかしたら解決できるかもしれないと思っています

理由として

菅政権は2島返還を望んでいるから

です

ロシア側もこの問題を早く解決したいと思うので

2島だけなら... となるかもしれません

ただ、最近はプーチン大統領の支持率が低下していることがネックです

支持率低下の理由としてはロシア国民は返還なんてしたくないわけです

なのに大統領が返還しようとしているとしたら大統領を変えたくなりますよね!

プーチン大統領は国民の意思を継いでか北方領土は返還しないと言っているそうですよ

まとめ

菅政権が組閣してロシアとの初の電話会談ということで

北方領土問題についてそもそも北方領土問題とはを中心にまとめさせて頂きました

この問題は昔から前進と後退を繰り返しながら今にたどり着いています

簡単な問題ではありませんが是非解決して欲しいですね!

最後までお読み頂きありがとうございました!

参考:https://www.youtube.com/watch?v=hAeMCwx50Qg

コメント

タイトルとURLをコピーしました