【FS820】初心者には1番おすすめ!?ヤマハFS820を買ったのでレビュー

商品紹介・レビュー

ヤマハのアコースティックギター『FS820』を買いました

このアコギはギターを始める方にとってもおすすめなギターです

ちなみに僕も初めてギターを買ってみた初心者ですので

初心者なりのレビューをしていこうと思います

ヤマハはいいぞ!

是非参考にしてください

スポンサーリンク

【YAMAHA】FS820の基本情報・スペック

FS820はヤマハのアコギの中で入門者向けな立ち位置です

しかし安価な割にとても良い音が出て、さらに弾きやすいと人気なアコギです

つまり超王道というわけです

定価は40,700円(税込)です

ただしネット上の販売価格は大体が値引きされていて

35,000円くらいで買えます

ヤマハ公式のAmazonショップです

スペックとしては以下の通りですが分からない人はスルーで結構です

  • トップ:ソリッド・スプルース(単板)
  • サイド/バック:マホガニー
  • 指板:ローズウッド
  • ネック:ナトー
  • ナット幅:43mm
  • スケール:634mm
  • フィニッシュ:グロス仕上げ
  • ピックガード:べっ甲
  • ソフトケース付属

注目するところとしてトップがスプルース単板ということです

高級ギターには単板が使われているので良い素材を使っていることが分かります

ちなみに公式サイトでは

裏・側板にマホガニーを採用。あたたかみのあるパワフルなサウンドと豊富なカラーバリエーションが魅力。くびれの深い薄くコンパクトなボディが圧倒的な弾きやすさを実現。コードストロークにもフィンガー・ピッキングスタイルにも対応できるモデルです。

ヤマハ公式サイト

とマホガニーを推しているようですが

このギターに関しては低音の響きはそこまで強くなくクリアなサウンドに仕上がっています

初心者向けにバランスの良い音といったところでしょうか

スポンサーリンク

ちなみにFSとFGってどっちがいいの?

ヤマハのアコギを買う時に迷うのが

「FSシリーズとFGシリーズってどっちがいいの?」ですよね?

  • コンパクトでマイルドな音を求めている方→FS
  • 大きくてパワフルな音を求めている方→FG

大きく分けるとこんな感じです

FSの方が本体のボディサイズ、音量ともに小さめです

ボディが小さい分低音が少なく聞こえクリアなサウンドに仕上がっています

弾き語りやフェンガーピッキングにはぴったりです

ボディが小さいおかげで子供や女性の方でも十分に構えることができます

僕は男ですがFSのサイズは本当にちょうど良いですね

ㅤㅤㅤㅤㅤ

対してFGはボディサイズ、音量ともに大きいです

音に深みを感じられパワフルなサウンドです

ジャカジャカ鳴らしたい方にはおすすめ

大きさは女性だと大きいと感じるかもしれませんが

決して構えられないというわけではありませんよ

ちなみに私が買ったのはFS820という製品ですが

FS、FGともに800、820、830、850とモデルがあります

数字が大きくなるほど高く良い素材になりますが

好みの音になるわけでは無いので注意が必要です

こちらはサイズが大きいFGシリーズになります

【おすすめ】ヤマハFS820の使用感レビュー・良いところ!

ここからはギター初心者の僕が初心者なりに感じた良いところをまとめました

まとめるとこんな感じ↓

  • 30,000円台という入門者が1番選びやすい価格
  • サウンドが綺麗でバランスがいいと思う
  • 指板が広いのでコードを押さえやすい
  • ペグがしっかりしている
  • 色の種類が豊富
  • 高級感がめちゃめちゃある
  • 大きさが最高
  • ヤマハ&超人気モデルという安心感

結構出てきましたね笑

つまりそれだけ良いアコギですのでおすすめできます!!!

30,000円台という入門者が1番選びやすい価格

やはり価格がちょうどいいことがまず挙げられます

というのも今の時代もっと安いアコギなんかいくらでもあるじゃ無いですか?

このような激安ギター↓

よくある激安ギター レビューが良いのが落とし穴

全然否定するつもりはありません、リスクヘッジは大事だと思うので

ですが少しでも上手くなりたい!長く続ける自信がある!という方は

30,000円以上からが良いですよ

弾きやすく良いギターは上手くなるのが早いです

逆に安すぎるギターはチューニングがすぐに狂ったりフレットが痛かったりと

演奏面ではマイナスしかありません

逆に10万もするようなアコギは初めの1本としては要らないかな?と思います

そこまでお金をかけられる方なら良いと思いますが…

そこで入門者向けとアコギ界隈で言われているのがFS/FGシリーズというわけです

ギター上手い人が言っていたので間違いないと思います

サウンドが綺麗でバランスがいいと思う

FS820はサイド、裏にマホガニーという素材が使われています

一般的に温かみがあるサウンドが出ると言われています

そのためかなり良い音がします

ただしFS820は温かみのある低音というよりかは

クリアなサウンドでバランスが良いと表現した方が合っていると感じます

アコギらしい音といえば良いでしょうか?

良く言えば安定、悪く言えば無難と言ったところ

僕はクリアな音は大好きなのですごい好みでした

とは言いつつ僕も初めてギターを買いましたので正直あまり分かりません笑

これから一緒に上手くなりましょう!

指板が広いのでコードを押さえやすい

僕的にこれがかなり高評価ポイントです

一般的なアコギの指板のサイズは42mmなのですが

このFS820は43mmです(ヤマハのギターはほぼ43mm)

1ミリで何が変わるのさと言ったところですが

割と違います

手の小さな方はちょっと握りにくいかもしれませんが

僕みたいな男性にはコードを押さえやすくなっています

また、指が太っている方などにも合っていますよ

指板が広い分、他の弦に触れなくなるので勝手にミュートになることが少ないと思います

ペグがしっかりしている

ギター良し悪しを決めるのにペグ(弦の張りをコントロールする部品)はとても重要です

このペグが良くないとすぐにチューニングがずれてしまい

演奏が出来ないなんてこともあり得ます

そうなるとギターとしての機能が成り立たないですよね

FS820を実際に使ってみて良いペグが使われていると思います

やはり3万円代で上には上がいますけどチューニングも簡単に出来ますし

狂うこともそこまで早くありません

ちなみにギターを弾くときは一曲ずつチューニングをするらしいですよ

色の種類が豊富

このFS820は入門者向けということもあり

カラーバリエーションがとても豊富です

ナチュラル(NT), ブラック(BL), ルビーレッド(RR), ターコイズ(TQ), オータムバースト(AB)

と5種類の色があります

僕のはナチュラルですが木目がとても綺麗で上品ですよ

僕としてはやはりアコギはナチュラルが1番だと思ってます!笑

ですが他のカラーもめちゃめちゃかっこいいのでチェックしてみてください

高級感がめちゃめちゃある

このギター価格としてはそこまで高いものではないのですが

とても高級感があります

その理由としてカラーが良いこととグロス仕上げだからです

グロス仕上げとはニスを塗ったような光沢があること

この光沢がとても良い味を出しています

中にはグロス仕上げをしない方が好きな方もいると思いますが

人それぞれですね

ですがグロス仕上げをすることによってギター本体に傷がつくことを防いでくれる

役割もすると思います

大きさが最高

大きさがとても良いですね

どう良いかというとしっくり来る大きさです

FGシリーズも見たことあるのですがとても大きくて全然違いました

あれはやはりガンガン大きな音を鳴らしたい方向けだと思います

それに比べこのFSは小ぶりな分、鳴りは小さいですが

室内で練習しやすく取り回しもしやすいのでとてもおすすめです

ヤマハ&超人気モデルという安心感

最後の良いところとしてはやはりこれでしょう

あの超有名日本メーカーのヤマハが作っていると考えると安心感が半端ないです

この製品自体は中国製で日本製ではないのですが

安いギター(10万以内)はほぼ中国製と言って間違いないです

なので中国製ということを気にすることはないと思いますよ

また、入門用アコギの中では超人気モデルです

数多くの人が高評価をつけており信頼できます、僕も信頼できるので買いました

気になっている方はYouTubeなどでレビューが多くアップされているので

ご覧になると良いと思います

ヤマハ公式のAmazonショップです

ヤマハFS820の悪いところ

次に悪いところを紹介します

先に言っておきますが

僕はこのFS820は3万としてはとても満足しています

一個一個のレベルが高くさすがヤマハだなと感じます(丁寧な作り)

ですが不満がないといえば嘘になりますので紹介します

  • ナット・サドルがプラスチック製
  • 弦高が高い

の2つです

ナットとサドルは弦を乗せて固定しておく部品ですがプラスチック製です

プラスチックは一般的に音が良くないと言われており好まれていない素材です

良い素材として牛骨やタスクというものが挙げられます

僕としては3万ならせめてプラスチックはやめて!となりました

次に弦高が高いですが

出荷状態の弦高が高いという意味です

ちなみに僕の個体の出荷状態の弦高は1弦側2.5mm、6弦側3mm程度でした

弦高は低いほど弾きやすくなります(その分音色の響きは失われます)

初心者は弦を押さえるのが大変で諦めてしまうことが多いので

なるべく低くしたほうが良いですよ

ギター屋さんに持っていけば3000円くらいで調整してもらえます

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ただし!

この弦高調整自分でも出来ます!

僕は3000円出すのがもったいないと思ったので自分でやりました

しかもサドルをプラスチック製から牛骨製に変更しました(音がマジで変わりました)

工程としては

1、Amazonでサドルを買う(1000円程度)

2、アコギから弦を外し、サドルを抜く

3、サドルを紙やすりで削る

です

削り作業で失敗が許されないので不器用な方にはおすすめしませんが

少しでも自信がある方は大丈夫です!

チャレンジしましょう

このやり方をマスターすれば今度から自分で調整できるようになりますので

費用、経験ともにメリットだらけです

注意:サドルには大きさがあります、違うのを買ってしまうとハマらないなどがおきますので
   必ずサイズを確認してから購入してください

僕が買ったサドルはこちら(牛骨製で音が変わります)

まとめ:FS820の購入をおすすめする人

最後にこのアコギの良いところをもう一度紹介し

購入に向いている方をまとめます

  • 30,000円台という入門者が1番選びやすい価格
  • サウンドが綺麗でバランスがいいと思う
  • 指板が広いのでコードを押さえやすい
  • ペグがしっかりしている
  • 色の種類が豊富
  • 高級感がめちゃめちゃある
  • 大きさが最高
  • ヤマハ&超人気モデルという安心感

このようにとてもたくさんの良いところがあります

FS820を一言にまとめると

鬼コスパ

です

入門者だけでなく中級者でも全然いけるアコギだと思います

購入が向いている方としては

  • アコギを始めようと考えている入門者並びに初心者
  • カラーの種類がたくさんなのでカラーにこだわりがある方
  • ヤマハという日本メーカーを選びたい方におすすめです

本当に良いアコギですよ〜全く後悔はしていません買って良かった!

さらばっ

ヤマハ公式のAmazonショップです

コメント

タイトルとURLをコピーしました